ナイト摂食障害 - 女性のヒント

いくつかは他の人がちょうど軽い食事をしている、眠っ前にあなたの口を閉じることを好みます。しかし、食品やデザートの良いプレートを却下しない人が残っています。いくつかのケースでは、習慣が扱われなければならない障害をすることができます。誰がこの悪は通常、日中は少しを食べに苦しんでいると、夜に冷蔵庫をassails。苦悩や不安を引き起こすことができる要因の一部です 夜の摂食障害.

衝動が引き締めを食べるとき、人はボリュームや食品の検索あなたのストレスや感情的なニーズを緩和する方法を作る何かを食べるために必要性を感じています。と 夜食べる症候群 目を覚ましている人たちに達していないだけ。非常に睡眠中に危機を持って、早く上がり、食べて、彼らは他の人に言われたときにだけ、ベッドの横に食品の痕跡を見つけるために、次の日に何が起こったのか理解や。

夜の摂食障害は治療可能でしょうか?

発見 夜の摂食障害, それはそれを治療するための時間です。認知療法と行動療法は、ユーモアの衰退がある場合は特に、いくつかのケースでは、それは、抗うつ薬および規制睡眠の薬の使用は推奨され、最も適しています。

良いヒント 夜間摂食障害を制御する方法 交換は喜びを与えるものを食べたいという欲求です。良いシャワー、そして助けることができる行使するアウトレット。危機がヒットし、抵抗することは困難である場合には、冷蔵庫、あなたの味方にします。

トリックは、すべての食事としてバランスのとれた食品を食べることです。理想的には、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がすべての人のニーズに応じてバランスされています。

代謝が夜遅くなると、果物、全炭水化物(全粒小麦のパン、玄米、全粒穀物)、赤身のタンパク質(鶏の胸肉の切り身と白身魚)、低脂肪ヨーグルト、野菜や水を摂取することが好ましいです。ココナッツ。最も適した果実はりんご、パパイヤ、梨、パイナップル、ブドウやイチゴです。食事は野菜、少なくとも4色の良い品種を持っている必要があります。脂肪食品、フランスパン、白米、ビスケット、フライパンや過剰お菓子の消費量は、夜のメニューのうち、滞在する必要があります。

貧しい食生活も睡眠の質を妨げます。アルコール飲料や、紅茶などカフェインを含む食品は、チームメイトとチョコレートが覚せい剤であり、睡眠を妨害することができます。時間については、専門家は人が夕食の場合は、寝る前に3時間を待つことをお勧めします。あなたは軽食を作る場合は、例えば、すぐ後に寝るには問題はありません。